カルシウム

妊活に向いている漢方

妊活に効く漢方薬は存在するのでしょうか。
これを飲んだから必ず妊娠するという薬は存在しません。
漢方もしかりで、必ず妊娠できるという保障はどこにもありません。
しかし、妊娠しやすい体を作る為に、体調を整える為に効く漢方は存在します。
妊活中に必ず飲んだ方がよいというものはありませんが、妊娠しやすくなる効果が期待できる漢方薬をいくつかご紹介します。
まず、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)というものです。
こちらは、更年期障害に良いとされるお薬で、生理不順や、生理痛などにも効果があるとされています。
血液量が増す効果がある当帰の成分が、冷え性を改善して、基礎体温の高温期、低温期を整えてくれる効果が期待できます。

次に、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。
こちらも当帰の成分が配合されているので、血液の循環を良くする効果があります。
体の疲れ、生理不順、貧血などへの効能が期待されるお薬です。
加味逍遥散(かみしょうようさん)という漢方は、生理不順、生理困難の症状を緩和するとともに、イライラなどの症状の緩和の効能があります。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方は、婦人病全般に効果が期待されるお薬で、生理不順、冷え性、更年期障害、子宮内膜症などにも用いられるお薬です。
男性の妊活に、用いられる漢方も存在します。

例をあげますと、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などがそうです。
滋養強壮作用があり、血行促進効果や、胃腸の働きをよくするなどの相乗効果で、精子の数や、運動率を改善する効果が期待できます。
一部の漢方をご紹介しましたが、漢方薬は、人によって効果はそれぞれです。
体質によって向き不向きもあるので、一般薬を試す前に、一度病院や、薬剤師さんに相談して自分にあった量を処方してもらうという方法もあります。

一般的に、漢方薬は、生薬からできているので、製薬剤のような副作用は少ないとされています。
漢方薬の効能も、直接の病気を治すものではなくて、体の調子を整えて、自分の体が本来持っている力を引き出すものだと考えられます。
漢方薬だから、病院から出されているお薬だから、飲んでいれば大丈夫というものではなく、まず自分の生活を見直すことから始めるのが一番の方法と言えるでしょう。